« シルクツアーに参加してきました | トップページ

2015年9月29日 (火)

続・シルクツアーに参加してきました

高額馬のなかで、面白いと感じたのは、下記の5頭。

 
03 スカイディーバの14
31 ターシャズスターの14
32 ミュージカルロマンスの14
36 プチノワールの14
37 ペンカナプリンセスの14
57 アビの14
 
スカイディーバの14は、ステイゴールドの牝馬であること、左後脚に骨瘤跡が見られるので、ツアーではノーマークでした。しかし、周りは軒並み高評価で。スカイディーバの12を物差しにすればお買い得とも思えますし、藤澤師がステゴ牝馬をどう育てるのか、楽しみでもありますね。
 
とにかくデカいターシャズスターの14。エスメラルディーナの活躍後、母を輸入しているように、この繁殖は期待できそうです。ただ、牝馬がダートで稼ぐのは非常に難しく。いい馬なんでしょうが、回収がチラつくと出資しにくくなりますね。
 
ミュージカルロマンスの14は、ディープインパクト×スプリンターの成功パターン。馬体は文句なし。猛烈なスピードを内包していることを伺わせます。一見、ヴィッセンっぽく感じますが、血統背景はまったく違いますし、脚が遅いことはないでしょう。マイル以下で回収ができる計算が成り立つのであれば、ぜひ出資したい一頭です。
 
ブラックエンブレムと並ぶシルクの看板血統でもあるプチノワールの14年産駒は、ステイゴールドの牡馬。ブラックタイプからも馬体からも活力が伝わってきます。非の打ちどころがないでしょう。
 
初めてツアーに参加する友人が「あの馬は何ですか?」と舌を巻いていたペンカナプリンセスの14。“素人にも伝わるデキの良さ”といったところでしょうか。若干、脚元に難を抱える母系だけに心配ではありますが、手先も軽そうで芝でキレるスピードを披露してくれるでしょう。
 
サンデーサイレンスの血がまったく入らないアビの14ですが、馬体、動き、厩舎は◎。威圧感を与える様からはすでに王者の風格が漂い、細部からは名馬となる資質を感じとりました。しかし、ディープスカイ以外、冴えないのも事実で。「このままアメリカにセリで出したら1億円は間違いなし」といえるほどの雰囲気はあるんですが…。
 
 
と、キャロットのトゥザヴィクトリー14のように、強烈に惚れ込むような馬は見つかりませんでしたが、それなりに有意義なツアーでした。思い返せば、「あれを聞くのを忘れたな…」とか後悔することもありますが、その場では情報量が多すぎて、最後の牧場なんかはグロッキー気味になったりしてました。
 
想像以上に人気となっている馬、人気の盲点となっている馬。中間発表をみても、様々な思考が垣間見えて面白いですね。私は、現在250口を切っている馬でも、500口オーバーになると考えています。今晩しっかりプランを練って、後悔しない馬選びを楽しみたいと思います。

« シルクツアーに参加してきました | トップページ

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2069301/61828413

この記事へのトラックバック一覧です: 続・シルクツアーに参加してきました:

« シルクツアーに参加してきました | トップページ

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

フォト
無料ブログはココログ